長崎で樹木葬・自然葬をお考えの方へ

自然葬という考え方

自然葬 – Wikipedia

自然葬 (しぜんそう)とは、でなくなどに遺体遺灰を還すことにより、自然の大きな循環の中に回帰していこうとする葬送の方法。従来の日本で行われていた墓石を用いる葬法とは違い、遺骨を直接自然へ返したり、墓標として人工物を用いないものを指す。狭義にとらえると散骨と同義であり、広義にとらえると風葬鳥葬水葬火葬土葬樹木葬冷凍葬など、自然に回帰するような葬り方全般を指すというとらえ方もある。

かつては、自然葬といえば遺骨を粉砕し散骨することを指すことが多かったが、骨壷を用いず直接土中へ遺骨を埋葬する(または土に返る骨壷を使う)などといった方式でも自然へ帰ることには違いがないということで、このようなものも含めて自然葬と呼ぶようになってきている[1]。近年日本では自然葬を望む風潮が強くなってきているが、それは自然へ帰りたいという思いが増えている他にも、核家族化や少子化によりこれまでの家系を重んじた墓の管理体制が維持できなくなってきているなどの社会的な原因も考えられる[2]

もともと、「自然葬」という言葉は民俗学者五来重が提唱した、人の手があまりかかっていない葬法を指した概念だった[1]。 その後、市民運動団体の「葬送の自由をすすめる会」(本部・東京、安田睦彦会長)が1991年2月、発足にあたって起草した「会結成の趣旨」の中で、五来の文脈とは無関係に使われた[1]。マスコミを通じて流布された「自然葬」には社会的な反響があり、1995年には「大辞林」第2版が、1998年には「広辞苑」第5版が収録するなど、代表的国語辞典にも載る一般的な日本語になった。

花壇墓 白崎プレイガーデン

花壇墓(かだんぼ)は、自然葬と従来のお墓の方式を融合させたものになります。
自然葬や樹木葬は、現代ではお墓を代々継がせることができない状況に陥ることが考えられます。
これは、少子化や核家族化などその時代時代で抱える問題の一つであり、お墓自体が「一代でお墓を終わらせる」ということが難しいものでありました。

そこで、「お墓」というシンボルをもたず一代でお墓を終わらせることができる樹木葬や海洋散骨などが注目されています。

白崎プレイガーデンは樹木葬の発想と、旧来よりのお墓の良いところ。つまり「代々継がせることができない」言い換えれば「後世の負担にならないのであれば、従来のお墓がいい」という方のために考えられました。

花壇墓(かだんぼ)のシステム

花壇墓は、あくまでも「花壇」をメインにしています。
四季折々の花々や緑があたかも花壇のように広がっている場所は、従来のお墓のイメージとはうってかわって華やかに、そして和やかに見えます。
墓標になるプレートが控えめなのはその為です。

花壇墓の大きな特徴の一つは、この場所を「後世に負担を強いてまで管理をさせる」という事がないことです。
それは、この場所に安置される期間が有限になっているからです。

「お墓」を買ったのに有限??

従来のお墓は管理されなくなれば、だれも手を付けられず荒れてはててしまい、それを見る人々にも悲しい気持ちにさせてしまうことでした。
花壇墓はあえて、花壇墓にいる期間を選んでもらう方法をとりました。
故人の年齢やそのご家族の年齢にもよりますが、長期的にお墓参りや管理が困難になったりした場合、従来のお墓の型式であれば「お墓じまい」として新たに負担が発生することになります。
そのリスクをあらかじめ期間を決めることで無くしてしまったのです。

期限が切れたその後は?

あらかじめ予定されていた期間(6年、12年)(*詳しくはシステムをご覧ください)を経過すると、プランの内容に合わせた埋葬方法へと移動されます。
それが、「合祀供養」「永代供養」になります。花壇墓のある白崎プレイガーデンは長崎は大村湾に面した場所にある妙経寺さまより、合祀供養、永代供養を受けられるようになっています。
つまり、花壇墓の期間が経過した後、妙経寺さまの合祀堂ないし永代供養堂へ移されそこでご供養されることになります。

普通のお墓と違う点

花壇墓の普通のお墓と違う点は、期間が有限である事。ただし期間が終わったら別の場所でお祀りされるということです。
もう一つ違うのは「自然葬」と呼ばれる形には必ずといっていいほど「粉骨」という作業が必要になってきます。
従来のお墓や納骨堂であれば、お骨を骨壺に入れてお祀りしますが自然葬では「自然に還す」という観点からお骨をそのままの形にしておくことはできません。
そこで、より早く自然に還すという観点から「粉骨(パウダー化)」をすることになります。

樹木葬と花壇墓

樹木葬は、シンボルツリーの下に納骨できるスペースがあったり、お骨を埋めた上に樹木を植えるタイプなど様々な形があります。
花壇墓は、花壇の中にあるお骨を入れるスペースをあらかじめ用意しその中に眠っていただくことになります。

花壇のお墓という選択

花壇墓(かだんぼ)とはどのようなものか何となくでもわかっていただけましたでしょうか。
最近では、様々な社会情勢から色々な埋葬方法が行われるようになりました。
ハイテクな納骨堂や様々な自然葬のかたちがあります。
そんな、たくさんのご供養のかたちの中に花壇墓とい選択肢に入れて頂けたらと思います。
長崎の大村湾に面したゆったりとした時間の流れる、四季折々に咲く花々。
白崎プレイガーデンは、そんなゆっくりとした時間の流れの中にあります。

関連記事一覧

PAGE TOP