進化し続ける自然葬

樹木葬発展型の「花壇墓」

近年、10年ほど前くらいからでしょうか。「散骨」というご供養方法が広く認知されるようになってきました。メディアや映画などで取り上げられたことが影響しているところがあるかと思います。

特に「海洋散骨」は自然葬に代表されるもののひとつです。

この「海洋散骨」に始まり、数年ほど前から「樹木葬」というものも知られるようになってきました。だんだんと自然葬のバリエーションが増えてきています。

弊社が取り組んでおります「花壇墓」は、この「樹木葬」の発展型です。

文字通りの「花壇」のお墓ですが、実は単にきれいな草花があるというだけではありません。

人が立つ地面と同じ高さの面に埋葬せずに、あえて段差を設けた「花壇」に埋葬することで、埋葬場所を踏み荒らすことを無くし、御先祖様・故人様に敬意を払っています。

また埋葬場所から離れた礼拝所からのお参りではなく、近くでお参りしていただきたいという思いから区画はコンパクトに設計いたしており、通路を設けております。それぞれの墓標はどの区画でも手が届く範囲になっておりますので、お水をかけてあげたりして近くでお参りすることが可能です。

関連記事一覧

PAGE TOP