「お墓」以外の選択肢

お墓

これまでのご供養のやり方として「お墓」にご遺骨を納めてご供養するというのが一般的でした。

ご両親、祖父母、曽祖父母・・・。その家の代々のご先祖様の御骨をお墓に納めて祀っていく。

お墓はご先祖様・故人様の「家」であると考えられたりもします。

お墓の良い点は、お墓参りに行くと故人様に会えたような感覚があるという点です。

大切なご家族を亡くされた喪失感を和らげる効果もあります。

一方で、現代ではお墓を続けていくことが負担になってきているというのも実情です。

お墓があるということは、普通の家屋と同様にその管理やお手入れを続けていかなければなりません。「お墓」のお手入れが行き届かなくなると野ざらし雨ざらしの屋外にありますので雑草等が生い茂ってきます。時間が経つとその根が太く育ってきて墓石や外壁、土間などに圧がかかり破損が生じてきます。そのまま放置すると自分の区画だけでなくお隣の区画や周辺にまで迷惑をかけてしまう恐れがでてきます。

特に地方においては少子高齢化の進行により、お墓の管理・お手入れができないなどの理由から「お墓」を選択される方は大きく減少してきており、「お墓」の新規建立よりも「お墓じまい」の方が圧倒的に多くなっているのが現状です。

納骨堂

お墓以外の選択肢としてこれまでもあったのが「納骨堂」です。

地域によっては、かつての国の政策との関係で「お墓」ではなく「納骨堂」が主流であるという所もあります。

「納骨堂」は、運営・管理されている所で、その方法も様々です。

建物の中の棚にお骨壷を並べられるタイプ、納骨機能がついたお仏壇のような「納骨壇」にお納めするタイプなどがあります。

全体的に共通している良い所は、頻繁なお手入れが不要という点です。

「納骨堂」を利用するにあたっては、事前にしっかりと確認をしておくべき点があります。

寺院が管理・運営されている場合、その寺院の檀家になることが条件という所も多いです。

寺院の檀家になることで安心が得られるという点があります。逆にご負担になる場合もありますので、将来的なことも踏まえてよく検討をされる必要です。

 

関連記事一覧

PAGE TOP